【太田・伊勢崎・足利】インビザライン(マウスピース)矯正に関する情報

* *

豆知識・コラム

MENU

大人の矯正と子供の矯正

こんにちは、歯科医師伊藤です。
今回は大人の矯正と子供の矯正の違いをお話しします。

まずは子供の矯正についてです。

子供の矯正は小学校入学前後から開始することができます。

 

大人の矯正と異なり、成長期に行う矯正治療なので、顎骨の成長なども考慮して治療を行っていく必要があります。

子供の頃にみられる悪い歯並びを放置してしまうとそこが原因となり、適切な成長ができなくなってしまうため、早めに矯正治療を行った方が良い場合もあります。

 

また、口呼吸や舌を出す癖などがあるとそれが原因で歯並びなどに悪影響を与えてしまうこともあるので、そのような癖を改善していくことも子供の矯正の重要な役割になります。

 

子供の頃に適切なタイミングで矯正治療を行うことで、大人になってから矯正をするよりも軽度な処置で終わることができます。

続いて大人の矯正です。
大人の矯正は顎骨の成長は完了しているので、歯を動かすことのみで歯並びを改善していきます。
歯を拡げたり(拡大)、歯と歯の間に隙間を作ったり(IPR)、時には抜歯をすることで歯が並ぶスペースを獲得します。

子供の矯正と比べて、今ある歯をいかにきれいに並べてそれを維持するかという視点で矯正治療を行っていくことになります。

以上のように子供の頃に行う矯正と大人になってから行う矯正では少しニュアンスが異なります。

 

お口の状況によっては早めの介入が必要な場合と、すぐには介入せず大人の歯が生えそろってから行った方が良い場合もあります。

そのため、ご自身のお口のことで心配なことがある方やお子様の歯並びが気になる方がいらっしゃいましたら、一度お口の状況を確認させていただければ状況に応じた説明が可能です。

 

いつでもご相談ください。お待ちしております。

  • *

    大人の矯正

    マウスピース矯正

    部分矯正

ページの先頭へ戻る