【太田・伊勢崎・足利】インビザライン(マウスピース)矯正に関する情報

* *

豆知識・コラム

MENU

インビザラインのアタッチメント

こんにちは、歯科医師伊藤です。

今回はインビザライン矯正治療のアタッチメントのお話です。

 

インビザライン矯正治療とは透明なマウスピース矯正のことです。

インビザラインを行う際には上下の歯にマウスピースを装着して、歯並びを改善していきます。

その際、アタッチメントと呼ばれる小さな白いボタンのようなものを歯の表面に接着させて歯を動かしていきます。

 

これは歯の動きを補助する役割があり、インビザラインを行う方には全員必要です。

 

マウスピースを装着しただけだと歯に力がかかりにくいですが、アタッチメントを歯に接着させることでマウスピースの力がより歯に加わりやすくなります。

私達歯科医師はこのアタッチメントをどこに設置するかを歯の動かし方を見ながら考えています。

アタッチメントは害のないプラスチックの素材でできており、色も白くほとんど目立ちません。また、矯正治療終了後には歯を削ることなく外せるものなのでご安心ください。

インビザラインもただマウスピースをはめるだけではなく、歯の動かし方やアタッチメントの設計など効率的に歯並びを改善できるよう考えながら計画を立てています。

歯並びが気になる方や相談だけしてみたい方なども是非ご来院下さい。

  • *

    大人の矯正

    マウスピース矯正

    部分矯正

ページの先頭へ戻る